東京の注文住宅は建築設計事務所【FAWDO(ファウド)】

BLOG

地鎮祭について

こんにちは、杉田です。

先日、アンズデザインワークスが発足して初の地鎮祭を迎えました。

当日は天気も良く、少々開始が遅れるものの無事終えることができました。

最近は地鎮祭を行わない現場もあると聞きますが、私が今まで携わった現場では全て執り行っています。

宗教的な意見の相違もありますし、人それぞれの考えがあるため、「必ず行わなければならない」という事はありません。

しかし、「この土地に住む」「事故なく、しっかりとした工事を行う」という意味でも地鎮祭を行うことは気持ちがよいですね。

これから工事に着工するという意味も含め、私のような設計のものも、工務店も気が引き締まります。

IMG_7026

地鎮祭とは、「土地の神様にご挨拶を行うこと」と、「土地に付いている厄を払うこと」の意味で行います。

細かい様式は省略いたしますが、往々に問題となるのは、「いつやるか」ということです。

まずは、その土地・家に住む家族全員の集合と、工事に関わる工務店の参加が必須です。

地鎮祭を行うタイミングは、

1.工事着工前

2.構造設計のために地盤調査を行う前

の2つになりますが、一般的には”1.工事着工前”が多いです。”2.地盤調査を行う前”というのも、地盤調査のためには、敷地内に細い穴を掘ることになるため、「土地に手をつける」と考えると着工前に含まれるかもしれません。

さてそのタイミングを合わせるに当たって、「日取り」を気になさる方がいらっしゃいます。世に言う「大安」です。

工事着工前で、関係者が揃い、神主さんも何かと忙しい「大安」に合わせるとなると、なかなか日程が決まらないものですが、この「大安」についてはあまり気になさらないよう、お施主様にはお話ししています。

その理由は、「大安」という日取りの考え方は「陰陽道」のものであり、地鎮祭を行う「神道」とは違う宗教だからです。

一般的ではありませんが、「神道」にも日取りの良し悪しのルールがありますので、地鎮祭の日取りについては一度氏神様の神社にて相談なさった方がよろしいかと思います。

しかしながら、関係ないとは言っても「仏滅」はなんとも気分が良くないので、避けた方がいいですね。

工事着工前というのは、いろいろと忙しくスケジュールがタイトになってしまう時期ですが、なるべく早く地鎮祭は行いたいと思っています。

メールアイコンお問い合わせはこちら