東京の注文住宅は建築設計事務所【FAWDO(ファウド)】

BLOG

家具について

img_7445

こんにちは、杉田です。

今日は、家と関係の深い家具について少しお伝え致します。

私共は設計事務所であり、住宅の「箱」を作ります。

部屋の間取りを考え、仕上げを決めて、家自体の使い方や空間を提案しますが、住む人が意識して手に触れ、機能として目に映るものは家具の方が多いかもしれません。

家をケーキに例えるなら、家具やカーテン、調度品は最後のデコレーション、飾り付けにあたります。

それだけ、家具は家の機能やイメージを大きく左右します。

古くから建築家は家具も合わせて設計をしてきました。また家具デザイナーが家もデザインすることもあります。

前者では、アルバ・アアルトのartekや、ミース・ファン・デル・ローエのバルセロナチェアに代表される家具群。後者ではイームズが有名でしょうか。

それだけ家具と住宅設計は親密な関係があります。

壁の仕上げを選び、フローリングの樹種や建具の材料まで一つ一つ作ってきた「部屋」の合う家具を選定することは、私たち建築家の仕事だと考えています。

新築やリフォームに際して、最後の仕上げである家具選びまでトータルでお任せ頂ければ、より満足度の高い家が作れます。ぜひ、家だけでなく家具選びまでご相談頂けると幸いです。

写真は、先日行われた恵比寿のアフルレックスのレセプションです。落ち着いた空間で、ゆっくりと家具を味わいました。

メールアイコンお問い合わせはこちら