東京の注文住宅は建築設計事務所【FAWDO(ファウド)】

House Y
(東京都杉並区上荻)
蒲谷 幸夫WORKS

杉並の閑静な住宅街に位置する若いカップルの為の住宅です。メインオーダーは"住宅らしさを消して欲しい"でした。
計画敷地としては約72坪ですが、今後分筆される事が確定している道路との間の36坪分は暫くの間空地となる為、五寸の五郎太石と一寸の白玉石を敷き詰めて石庭としました。将来に建物が建つことと、メインオーダーを考慮して、必要光量を天窓で確保しながら最小限の窓配置としファサードを整えました。アプローチは、本体の白壁とは対称的な背の高い黒壁二枚を設置し、意図的に玄関ドアが直接見えない配置とすることで特徴的な長いアプローチを構成しました。
アプローチを経て重量感のある無垢板貼り玄関ドアを開けると、高天井で天空の光が降り注ぐホールが出迎えてくれます。入って長い土間の先には坪庭、上がって右に視線を向ければスチール製のガラス戸越しにパティオが展開しています。LDKは光庭であるパティオを挟んで配置され、プライバシー性を確保しながら最大限の明るさを確保しました。 2階のご主人用個室と廊下との間仕切りは、腰壁上をスチール製ガラス格子で製作しました。一般的にはクランクした廊下で分断されたであろう空間に、心地良い光と拡がりを寄与しています。
各々のスタイルをお持ちの二人が、今後それをどのように融合させてこの住宅を成長させて行ってくれるのか非常に楽しみでもあります。

  • 外観
    モノトーンで構成されたファサード
  • アプローチ
    意図的に玄関ドアの存在を消してある
  • エントランスホール-1
    トップライトから降り注ぐ光
  • エントランスホール-2
    スチールドア越しのパティオを見る
  • リビング
    正面にリビング、左にパティオ、右にエントランスホール
  • DK
    パティオ、リビングとの繋がりを見る
  • ストリップ階段
    踊り場からの眺め
  • スチールパーティション
    寝室からクランクした廊下方向を見る
  • サニタリー
    モールテックス仕上げで統一を図っている

メールアイコンお問い合わせはこちら