東京の注文住宅は建築設計事務所【FAWDO(ファウド)】

House K
(川崎市高津区末長)
蒲谷 幸夫WORKS

川崎市高津区に建つ、建築主+ご両親の為の住宅です。敷地は、道路面から約2m上がってメインの宅盤があり、北側には更に4mの崖を背負うという状況でした。このように敷地に高低差がある場合、比較的容易に地下緩和を受けることが出来るので、全体的に道路面より50㎝下げて北側斜線をかわしながら、地下1階+地上2階+屋上という構成とし、最大限のヴォリュームを確保しました。
また、西側隣地が雛壇状に下がっていた為、南西の方角に視線の抜けを確保すべく、LDKの延長としてデッキテラスを設けて積極的に開きました。それ以外の面は、有孔折板で囲い、周辺に対して圧迫感を与えないよう優しく視線をカットしました。ファサードは、玄関ホール上部を吹き抜けにし、R階の階段ホールも含めて全面フロントサッシとし、ガラス、金属、コンクリートのバランスを取りながら構成しました。全ての金属部材をホワイトで統一したことで、この住宅のアイデンティティーを確立出来たと思います。

  • 外観
    東から見る外観
  • 外観夜景
    日中とは全く異なる表情に
  • バルコニー
    有孔折板で囲われたデッキバルコニーを見る
  • B1階スタジオ
    ここで格闘技教室が営まれる
  • エントランス
    吹き抜けを見上げる
  • 階段ホール
    フロントサッシから光が降り注ぐ

メールアイコンお問い合わせはこちら