東京の注文住宅は建築設計事務所【FAWDO(ファウド)】

東京都大田区山王の家

所在地:東京都大田区山王2丁目
延床面積:184.40㎡
竣工:2019年12月
備考:メルディアグループ株式会社三栄建築設計デザイン研究開発室と協働

大田区山王の閑静な住宅街に位置する2棟の「棟」で構成されている2世帯住宅です。

用途地域は第1種中高層住居専用地域。構造は在来木造の3階建てです。
親世帯と子世帯が住む2世帯住宅です。従来型の「上下に重なって住む」住まい方ではなく、「横の関係」でそれそれが独立し生活しながらも、共通の空間を共有し、そこで生まれるコミュニティーをデザインしています。

具体的には、親世帯と子世帯それぞれの「棟」が独立して成立しています。敷地中央付近のパーキングスペースを挟むように、小さいながらも2 棟の独立した「棟」を建て、それらを2 階レベルの外部ブリッジで連結し、「横につながって住む」スタイルを提案しました。
ブリッジには屋根を架け、双方の生活空間の延長線上にある空中テラスとしての機能を持たせています。そこは、2 つの家族の距離感を調節し、家族やゲストがコミュニティーを誘発する場を意図しています。

また、2棟に分ける事で将来的な家族構成の変化や、一部賃貸等にも対応し易くすることで、「中長期的視点での資産価値」も内包したプログラムになっています。

お施主様インタビュー

平林様・岩田様邸(東京都大田区)

平林様・岩田様邸(東京都大田区)
左からFAWDO・保坂、平林様(親世帯の奥様・ご主人)、子世帯の息子さん・奥様、三栄建築設計・山口

―この家に住む以前は、どのように暮らしていたのでしょうか?

平林様(親世帯の奥様):この家は建て替えになるんです。以前は同じ場所で3階建の家に住んでいました。10年くらい前から二世帯で暮らしていたのですが、二世帯向けに設計されていないので、色々不便な点が出てきて、そろそろ建て替えたいねって話になったんです。

―FAWDOと三栄建築設計を知ったきっかけについて教えてください

岩田様(子世帯の奥様):私が三栄建築設計の山口さんと大学の同級生だったんです。30年の付き合いだから、私たちのライフスタイルを知っているし、色々とお願いしやすいかなと思いました。私にとっては初めての家づくりになるし、とことんこだわりたかったので話がしやすい方がいいなって(笑)。でもその分、実際に設計にあたってもらった建築家の保坂さんには結構無茶振りしたと思う。

保坂:そんなことないですよ。もしかしたら設計中や施工中は大変だったかもしれないけど、家が完成してお客様の笑顔をいただけると、そんな苦労は一瞬で消えちゃいますから。

―この家で特に気に入っているところは?

岩田様:この家の一番の特徴でもあるけど、二世帯住宅なのに上と下で分かれているのではなく、横の関係でつかず離れず程よい距離で並んでいるのがイイですね。

保坂:玄関をはじめ、水回りも含めて、完全分離型の二世帯住宅にしています。生活する時間帯やスタイルの違うそれぞれの世帯が、お互いを気にせず、日常を送れるようなほどよい距離感で、心地よく暮らせる家を目指しました。

岩田様:元々は母のリクエストで上下の関係は嫌だというイメージがあったんだよね。

保坂:そんなリクエストを踏まえて、この家はそれぞれの世帯が自立出来る家として考えました。家族にふさわしい二世帯住宅とはなんなんだろうと考えたときに、二世帯住宅であると同時に、将来的には、家族構成の変化に対応出来たり、賃貸住宅に転用しやすいよう提案しています。

岩田様:家族といっても別の住居になってしまうと関係が希薄になってしまうところを、共用スペースのデッキでつながっていることで、お互いの家族の間に程よい「間合い」が生まれている気がします。それぞれが独立しているのに、物理的な距離以上に近くにも遠くにも感じます。それでいて2Fにブリッジテラスと階段を介してお互いのスペースがあって、すぐに行き来できる利便性がイイなと。

平林様(奥様):私たちの家は一階がキッチンになっていて、娘(岩田様)の方のキッチンは2階にある動線は、とても考え抜かれているなと感じます。同じ階にあるとどうしても視線が気になっちゃいますよね。

岩田様:同意(笑)! 新しい家に住み始めてそういう余計なストレスはなくなりました。

しんのすけ君(子世帯の息子さん):僕もです。自分の家って感じが前以上に強くなって、自然と家のことをやるようになりました。

―お家づくりのこだわりやインテリアのテーマはありますか?

平林様(奥様):扉やスイッチや照明を以前の家のものをあえて移設して使っているところです。だからか新築なのに、もう何十年も住んでるかのような落ち着いた雰囲気があります。主人はあまり口を挟むタイプではないのですが、この家が完成した時に「この家は本当に落ち着くなぁ」って言っていたのを聞いて保坂さんたちにお願いしてよかったなと思いました。

平林様(親世帯のご主人):そうだね。この家は本当に落ち着いた家だと思います。リップサービス抜きに前以上に居心地が良くて、ソファでくつろいでいる時間は本当に幸せです。

岩田様:私はリビングとワークスペースが同じフロアにある点です。普通ならワークスペースとキッチンは別フロアにして切り離しがちだけど、大きな窓のある間仕切り壁で隔てることで、同じ空間の中にありながら家事のことを頭から追い出して仕事にグッと集中できる。仕事をしながら、窓を通して家族の気配を感じ取り、仕事と上手に両立できるのがうれしいですね。

平林様(奥様):そういえば、打ち合わせの時に共有テラスはもっと開放的にしてほしいって言ったの覚えてる?

山口:覚えてますよ。僕の方から今のカタチに提案させていただきましたよね。

平林様(奥様):今振り返ると、山口さんに言われたとおりにしておいて良かったです。

山口:開放的な大きなテラスは魅力的ですが、もう一方の住宅から丸見えだと視線が気になることがあります。立ってみると分かることだが、近隣住居の目や通行人の視線が気にならないようになっているんです。

保坂:決して奇をてらったようなデザインにはせず、でも登記上の判断で二世帯住宅として認定される、かなりギリギリの責めた設計になっています。

―今回の家づくりはいかがでしたか?

平林様(奥様):燃え尽きたって感じです(笑)。二回もお家づくりに携われて幸せ!

岩田様:私は、これ以上考えることはできないんじゃないかって思うくらい、頑張った。今のところ、やり直したいという点はないですね。大満足しています。

保坂:ありがとうございます。建築家の視点でいうと、この家はテラスと階段を介してお互いを繋ぐ間合いがポイントだったりするんで、その狙いが見事にハマってよかったです。ちなみに共有のテラスは活用できてますか(笑)?

岩田様:もちろん!キャンプチェアを使って朝ごはんを息子と食べたり、仕事に疲れたらハンモックチェアで休んだり……。人の目も気になることなく大活躍ですよ。リビングとの一体感のある使い方ができる最高のくつろぎスペースになっています。

  • 外観(昼)
    左の2F建ての棟が親世帯。右の3F建ての棟が子世帯。真ん中が共有の空中テラス。
  • 外観(夕景)
    左の2F建ての棟が親世帯。右の3F建ての棟が子世帯。真ん中が共有の空中テラス。
  • 外観
    門扉と機能門柱。外壁はモルタル下地に吹き付け仕上げとガルバリウム鋼板の平葺き仕上げ。
  • アプローチ(共有)
    左が親世帯の玄関。右が子世帯の玄関。奥が駐車場。上が共有の空中テラス。
  • キッチン(親世帯)
    モールテックス仕上。床はウオールナットの突き板フローリングと600角のタイル。
  • キッチン(親世帯)
    引き渡し後
  • 小物(親世帯)
    引き渡し後
  • LDK(親世帯)
    引き渡し後
  • LDK(親世帯)
    引き渡し後
  • LDK(親世帯)
    引き渡し後
  • LDK(親世帯)
    引き渡し後
  • 小物(親世帯)
    引き渡し後
  • 小物(親世帯)
    引き渡し後
  • 小物(親世帯)
    引き渡し後
  • 鉄骨階段と玄関(親世帯)
    黒皮鉄の鉄骨階段。玄関はミニマムにまとめられている。玄関の床はモルタル金鏝仕上。
  • 階段(親世帯)
    黒皮鉄の鉄骨階段。左側のドアは以前の家で絵として飾っていた物をドアに転用。
  • 寝室(親世帯)
    奥のドアは以前の家で絵として飾っていた物をドアに転用。
  • 空中テラスにつながるホール(親世帯)
    左側が洗面とトイレ。トップライトから光が注ぐ。奥が子世帯とつながる空中テラス。
  • 空中テラスにつながるホール(親世帯)
    引き渡し後
  • 洗面とトイレ(親世帯)
    床のタイルがアクセントになっている。壁天井はビニールクロス仕上げ。奥が浴室。
  • 浴室(親世帯)
    浴槽から下部はハーフユニットバス。壁はFRP防水下地の上にトップコート仕上げ。
  • 空中テラス(共有)
    右が親世帯。左が子世帯。床は600角のタイル。
  • 空中テラス(共有)
    屋根を見上げている。空をくり抜いたような開口。軒天は吹き付け仕上げ。
  • LDK(子世帯)
    タモの幅はぎ天板を使ったキッチン。小口は黒皮鉄のFB。奥は書斎コーナー。
  • LDK
    引き渡し後
  • キッチン(子世帯)
    ダイニングテーブルと一体になったキッチン。アクセントクロスがライトモスグリーン。
  • キッチン(子世帯)
    引き渡し後
  • リビング(子世帯)
    壁面収納。右側の黒いグリッド格子の奥は書斎コーナー。壁天井はビニールクロス仕上げ。
  • リビング(子世帯)
    吹き抜けの上にトップライト。奥がダイニングキッチン。右が壁面収納。
  • リビング(子世帯)
    引き渡し後
  • 壁面収納の小物(子世帯)
    引き渡し後
  • 書斎コーナー。階段(子世帯)
    黒いグリッド格子の奥が書斎コーナー。3Fへ上がる階段が見える。
  • グリッド格子(子世帯)
    奥がリビング上部の吹き抜け。階段は集成材の上、塗装仕上げ。
  • リビングの吹抜け(子世帯)
    引き渡し後
  • 階段(子世帯)
    左の黒いグリッド格子の向こうがリビングの吹き抜け。黒いアクセントクロス。手摺は黒皮鉄のFB。
  • 子供部屋(子世帯)
    宙に浮く机。その上は可動棚。
  • 玄関(子世帯)
    玄関ドアは杉板貼りの上、塗装仕上げ。玄関床はモルタル仕上げ。
  • 洗面とトイレ(子世帯)
    集成材の上、塗装仕上げの洗面。中央は床から天井までの収納。

メールアイコンお問い合わせはこちら